初めてのDIYお部屋リフォームで成功するためのポイント

自分好みの部屋を自分でプロデュース! DIYのイロハのイを学びましょう!

DIYでお得にリフォームしよう!

DIYで何よりも重要なのが前準備。 初めてのDIYで大きな失敗をしてしまうともうやりたくなくなっちゃいますよね。 きちんと道具を揃える、細かいところまで計測する、詳細な設計図を作る。 計画立ててやれば作業内容も整理されて、楽しく進めやすいですよ。 しっかり準備してお部屋リフォームを成功させましょう。

簡単にお部屋の印象が変わる!壁、床の影響力

リフォームをするからには、お部屋の印象を大きく変えていきたいところ。 でもいきなり大胆なことをするのも勇気がいるものです。 そんなあなたにオススメなのが壁、床の改造。 壁、床の色や模様を変えるだけでお部屋の印象は大きく変わります。 貼るだけでできちゃう簡単リフォームでお部屋をガラッと変えちゃいましょう。

家具を作ってお洒落なお部屋に!

机や本棚など大きな家具を自分で作ってしまうのもお部屋の印象作りにはとても良いもの。 ただ立体的なものの作成は採寸や木材のカットが非常にシビヤ。 少しのズレが大きな歪みにつながります。 練習のためにも最初はある程度パーツのできているものを組み合わせて家具を作っていきましょう。

準備が要のDIY

自分で施工してお部屋をリフォームする、DIY。
施工費用がかからず、材料費だけでリフォームが可能なので大変な節約になります。
最近ではテレビで芸人のヒロミさんがお洒落なDIYを披露していて憧れますよね。
ただ、多くの人にとって木材を切ったり、釘を打ったりという作業は学校卒業以来馴染みのないもの。
難しそうだから手が出せないなんて方もいるのではないでしょうか。
特に木を真っ直ぐに切る技術は、不得手な人にとって身に付けるのが大変です。
でもご安心を、そこはプロに任せられます。
ホームセンターで木材のカッティングサービスを行っているので、組み立てや貼り付けだけでリフォームができちゃうんです。
どうでしょう、グッと敷居が下がったような感じがするのではないでしょうか。

DIYで気をつけなくてはいけないのは前準備。
家具のサイズ感に自由度があったり、部屋のデザインを好きなようにできるのがDIYの良さですが、その分しっかり採寸をしたりや施工計画を立てないと大変なことになります。
完成した棚が置きたかったスペースに入らない…なんてことにならないように準備はしっかりしましょう。

また、始めるからには部屋の変化がよく見える方がモチベーションが上がります。
作業内容が少なく、比較的簡単な床や壁といった大きく変化を見れるところから施工するのがいいようです。
部屋を自分好みのデザインに変えて、まずはDIYというものの良さを実感しましょう。

DIYが好きになったら今度は立体的なものを作って、もっといろいろ部屋を改造する技術をつけていきましょう。
部屋のちょっとした隙間に棚やラックを作って収納スペースを増やせれば、もうあなたはDIYのの虜。
デザインだけでなく、実用面も考えた施工ができるようになっちゃいますよ。

さあ、新しい趣味でDIYを始めて日々の暮らしをもっと豊かにしていきましょう!