自分好みの部屋を自分でプロデュース! DIYのイロハのイを学びましょう!

>

DIYでお得にリフォームしよう!

何をするのもまずは道具!必須の道具4選

工具は星の数ほどありましてなんでも揃えようと思えばキリがありません。
なのでまずは4つ、必須な道具を揃えましょう。
1.インパクトドライバー
家具の組み立てではとにかくいろんなところにネジを打ちます。
ネジ打ちを手動でやろうとすれば心が折れます。
作業性を考えてコードレスのものを選んで購入しましょう。
2.メジャー
何を作るにも採寸はマスト。
リフォームに使うなら、テープが金属製である程度の硬さがあるものを選びましょう。
3.差し金
直角に曲がった定規のことです。
木材を直角に組み合わせるには、垂直な線を引いてカットしなくてはいけません。
差し金を使えば、正確な線が引けます。
4.鋸
ホームセンターで大まかなカットはしてもらうとしても、細かいサイズ合わせのために木材カットの必要は出てきます。



ちゃんと測ったのに…採寸の注意点

道具を揃えたら早速家具を作ってみましょう。
作業の始まりはいつも採寸から。
改造したり、自作の家具を置きたい場所の採寸はしっかり行っておきましょう。
またキッチンにサイズぴったりな棚を作りたいとか、玄関に靴棚を作りたいなど収納スペースを追加したいときに重要なのがシミュレーション。
改造したら、水道を使いにくくなったとか玄関の扉が開けにくくなったなんて事になったら大変です。
改造後も問題なく生活できるかきちんとシミュレーションをした上で採寸をしましょう。
改造する場所や物は図にしておいて、採寸した長さをそこに書きこみます。
その際材料の厚みを想定するのを忘れずに。
パーツの接点をどう組み合わせるのかを考えて、材料カットの長さを考えなくては歪みます。
蝶番などの金具を付ける際にもその分追加される長さはきちんと想定しましょうね。


Share