自分好みの部屋を自分でプロデュース! DIYのイロハのイを学びましょう!

>

家具を作ってお洒落なお部屋に!

まずは既製品を使った家具作り

自分で木材を切って一から家具を作れれば、ちょっとした隙間に置けるような家具を作れてとても便利ですし、楽しいですね。
しかしながら立体のものを作るのは少しの長さのズレが大きな歪みにつながる中々シビアな世界。
家具作りの初歩の初歩として、既製品を組み合わせたオリジナル家具の作成をお勧めします。
例えば、高さの同じ二つのカラーボックスに、やすりがけや面取りを済ませた合板を乗せてネジ打ちをすれば簡単にテーブルを作ることができます。
組み上げる前に塗装をしたり、カラーボックスの向きを考えてみたりすればオリジナリティを出せるのでDIYを楽しむことができます。
他にも普通のカラーボックスにお洒落な扉を取り付けてみたり、色を変えてみたりしても家具作りの楽しさを味わえるかもしれません。
まずは既成品の組み合わせや改造で立体的な工作の基礎と楽しみを知っていきましょう。

すのこは万能品

なんとなく家具作りの楽しさがわかってきたら、簡単な家具を一から作ってみましょう。
家具のパーツとしてすのこは万能品。
100円ショップでも取り扱っていてお手頃価格で手に入るので活用していきましょう。
すのこのいいところは決まったところに足がついているところ。
2つのすのこの足の部分に板を乗せて接着すれば、それだけで棚の完成です。
木工用ボンドと両面テープでも固定できるので、釘やネジを打つ必要もなく簡単に作れますよ。
すのこを好きなサイズに切って組み合わせれば、棚の大きさも自由自在。
キッチンのちょっとしたスペースにスパイスラックを作ってみたり、家具と家具の間のちょっとしたすきまに収納スペースを作ってみたりお部屋に合った棚を作ってみましょう。
すのこを塗装したり、板の素材を黒板にしてみたりとデザインも好きなようにできます。
自分で自分好みの家具を作るというDIYの醍醐味が詰まっているのです。
是非お試しあれ。


Share